薬ゼミ模試の平均点の推移から見る国家試験合格【全国統一模擬試験】

薬ゼミ模試の平均点の推移から見る国家試験合格【全国統一模擬試験】

毎年、9月ごろから予備校の全国統一模試が始まります。

その中でも、予備校の最大手である薬学ゼミナールの模擬試験はほとんどの国家試験受験生が受験をするため、全国の中で自分の立ち位置を把握することができます。

※薬ゼミは4月にスタートアップ模試という過去問+オリジナル問題で構成された1日模試も行っています。

模試の問題は、予備校講師による予想問題も含んでいるため、本番の国家試験よりはややマイナーな問題も含まれている場合もありますが、本番のレベルに近いと思います。
そのため、何月の時点でどれくらいの点数を取っていれば合格に結びつくことができるのかを決める目安になります。

一般的に、模試の点数は平均点ばかり気にされがちですが、中央値であったり、少なくてもどれくらい点をとっていればよいのか、ということを気にする人のほうが多いのではないでしょうか。
(成績の良い人は、平均点からどれだけ離れているかが楽しみの一つかもしれませんが・・)

ということで、全国模試の中で相当な危険域にあたる下位20%が何点なのか、中央値(上位50%に入る安全域)が何点からなのか、を示して合格までの推移を考えていこうと思います。

目次

薬ゼミ模試の時間割

時間割は、ほとんどの場合が国家試験本番時と同様に行われることと思います。

1日目

9:30~11:00 (90分) 必須問題(物理・化学・生物、衛生、薬理、薬剤、病態・薬物治療、法規・制度・倫理、実務)

12:30~15:00 (150分) 薬学理論問題①(物理・化学・生物、衛生、法規・制度・倫理)

15:50~17:45 (115分) 薬学理論問題②(薬理、薬剤、病態・薬物治療)

2日目

9:30~11:35 (125分) 薬学実践問題①(物理・化学・生物/実務、衛生/実務)

13:00~14:40 (100分) 薬学実践問題②(薬理/実務、薬剤/実務)

15:30~18:00 (150分) 薬学実践問題③(病態・薬物治療/実務、法規・制度・倫理/実務、実務)

 

第104回薬剤師国家試験を受験予定の学生の模試/国試の平均点

薬ゼミ第104回国試対策スタートアップ模擬試験(2018/04実施)

受験者数約6500人時点

必須:57.4/90点

理論:37.1/105点

実践:48.9/20点

合計:106.4/215点(中央値約103点)

 

薬ゼミ全国統一模擬試験 I(237回)(2018/09頃実施)

※情報が入り次第更新します

薬ゼミ全国統一模擬試験 II(238回)(2018/11頃実施)

※情報が入り次第更新します

薬ゼミ全国統一模擬試験 III(239回)(2019/01頃実施)

※情報が入り次第更新します

第104回薬剤師国家試験(2019/02頃実施)

※情報が入り次第更新します

薬剤師国家試験に向けて【勉強法とその計画】

第103回薬剤師国家試験を受験した学生の模試/国試の平均点

薬ゼミ第103回国試対策スタートアップ模擬試験(2017/04実施)

受験者数約5500人時点

必須:52.8/90点

理論:41.3/105点

実践:10.8/20点

合計:105.0/215点(中央値約102点)

薬ゼミ全国統一模擬試験 I(234回)(2017/09実施)

受験者数約9000人時点

必須:53.2/90点

理論:36.0/105点

実践:73.2/150点

合計:163.6/345点(中央値約162点)

薬ゼミ全国統一模擬試験 II(235回)(2017/11実施)

受験者数約9000人時点

必須:60.4/90点

理論:42.8/105点

実践:87.1/150点

合計:190.5/345点(中央値約191点)

 

薬ゼミ全国統一模擬試験 III(236回)(2018/1実施)

受験者数9500人時点

必須:64.4/90点

理論:50.8/105点

実践:92.0/150点

合計:207.3/345点(中央値約208点)

第103回薬剤師国家試験(2018/02実施)

受験者数13579人(合格者数9584人):合格率70.58%(新卒:84.87%、既卒:47.00%)

必須:-/90点

理論:-/105点

実践:-/150点

合計:-/345点

第102回薬剤師国家試験を受験した学生の模試/国試の平均点

薬ゼミ全国統一模擬試験 I(231回)(2016/09実施)

受験者数約9000人時点

必須:54.7/90点

理論:35.3/105点

実践:73.6/150点

合計:163.8/345点(中央値約165点)

薬ゼミ全国統一模擬試験 II(232回)

※情報が入り次第更新します

薬ゼミ全国統一模擬試験 III(233回)

※情報が入り次第更新します

第102回薬剤師国家試験(2017/02実施)

受験者数13243人(合格者数9479人):合格率71.58%(新卒:85.1%、既卒:50.8%)

必須:76.6/90点

理論:62.1/105点

実践:103.7/150点

合計:242.2/345点
(102回から相対評価となり、217点前後が合格ラインとの話)

 

第101回薬剤師国家試験を受験した学生の模試/国試の平均点

薬ゼミ全国統一模擬試験 I(228回)(2015/09実施)

受験者数約8500人時点

必須:55.0/90点

理論:36.5/105点

実践:77.2/150点

合計:168.9/345点(中央値約165点)

薬ゼミ全国統一模擬試験 II(229回)(2015/11実施)

受験者数約8500人時点

必須:57.9/90点

理論:44.0/105点

実践:80.1/150点

合計:182.3/345点(中央値約185点)

薬ゼミ全国統一模擬試験 III(230回)(2016/01実施)

受験者数約8500人時点

必須:65.1/90点

理論:52.9/105点

実践:86.6/150点

合計:204.8/345点(中央値約210点)

第101回薬剤師国家試験(2016/02実施)

受験者数14949人(合格者数11488人):合格率76.85%(新卒:86.2%、既卒:67.9%)

必須:76.9/90点

理論:65.3/105点

実践:106.1/150点

合計:248.3/345点

第100回薬剤師国家試験を受験した学生の模試/国試の平均点

薬ゼミ全国統一模擬試験 I(225回)(2014/09実施)

受験者数約8500人時点

必須:55.6/90点

理論:40.3/105点

実践:75.7/150点

合計:171.7/345点(中央値約170点)

薬ゼミ全国統一模擬試験 II(226回)(2014/11実施)

受験者数約8500人時点

必須:63.7/90点

理論:47.7/105点

実践:78.1/150点

合計:189.7/345点(中央値約193点)

薬ゼミ全国統一模擬試験 III(227回)(2015/01実施)

受験者数約8500人時点

必須:63.6/90点

理論:53.9/105点

実践:88.5/150点

合計:206.3/345点(中央値約210点)

第100回薬剤師国家試験(2015/03実施)

受験者数14316人(合格者数9044人):合格率63.17%(新卒:72.7%、既卒:53.1%)

必須:73.8/90点

理論:62.5/105点

実践:104.9/150点

合計:241.24/345点

 

まとめ

 

全国の中で下位20%は相当な危険域となります。

9月に受験する全国統一模試 I:140点以下

11月に受験する全国統一模試 II:160点以下

1月に受験する全国統一模試 III:180点以下

この点数に当てはまる場合は周りの人以上に勉強することが必要になると思います。

 

そして、安全域に入るのは上位50%以上になります。

9月に受験する全国統一模試 I:170点以上

11月に受験する全国統一模試 II:190点以上

1月に受験する全国統一模試 III:210点以上

一日でも早く、ここに到達できるように勉強を頑張りましょう。

 

 

模試の難易度は毎回違いますが、全国的に見ても模試の点数は統一模試IからIIIにかけて上がっていきます。

薬ゼミでは、1年以上前からしっかりと練って同じレベルになるように作成していると聞いています。

つまり、模試の成績が上昇する = 実力が上がっている、ということになります。

 

ただ、もちろん本番で合格点を取ればよいので、模試の点数が全てではありません。

しかし、模試の点数を目安にすることも大事なことになります。

みなさんが無事に合格をつかみとれるよう、応援しています。

 

 

最後になりますが、参考程度に6回生になってから勉強を始めて現役合格した結果を記載します。

9月に受験した全国統一模試 Iの結果:177点

11月に受験した全国統一模試 IIの結果:191点

2月に受験した全国統一模試 IIIの結果:239点

3月に受験した第100回薬剤師国家試験の結果:258点  でした。

9月ごろからは一か月に10点ずつあがっていくペースが多いようでしたね。