ただの肥満では死亡リスクは上昇しないが・・

ただの肥満では死亡リスクは上昇しないが・・

2018年6月12日、ヨーク大学(オンタリオ州、トロント、カナダ)は、代謝性の危険因子を何も持たない肥満をもつ患者は、死亡率を上昇させないという研究結果をClinical Obesity(Wiley Online Library社2011年から発行の雑誌、Impact factor:未)にオープンアクセスで掲載しました。

以下、論文のタイトル、著者、アブストラクトの原文を引用。

Individuals with obesity but no other metabolic risk factors are not at significantly elevated all‐cause mortality risk in men and women

J. L. Kuk,  M. Rotondi, X. Sui, S. N. Blair, C. I. Ardern

Summary
Studies have examined mortality risk for metabolically healthy obesity, defined as zero or one metabolic risk factors but not as zero risk factors. Thus, we sought to determine the independent mortality risk associated with obesity or elevated glucose, blood pressure or lipids in isolation or clustered together. The sample included 54 089 men and women from five cohort studies (follow‐up = 12.8 ± 7.2 years and 4864 [9.0%] deaths). Individuals were categorized as having obesity or elevated glucose, blood pressure or lipids alone or clustered with obesity or another metabolic factor. In our study sample, 6% of individuals presented with obesity but no other metabolic abnormalities. General obesity (hazard ratios [HR], 95% CI = 1.10, 0.8–1.6) and abdominal obesity (HR = 1.24, 0.9–1.7) in the absence of metabolic risk factors were not associated with mortality risk compared to lean individuals. Conversely, diabetes, hypertension and dyslipidaemia in isolation were significantly associated with mortality risk (HR range = 1.17–1.94, P < 0.05). However, when using traditional approaches, obesity (HR = 1.12, 1.02–1.23) is independently associated with mortality risk after statistical adjustment for the other metabolic risk factors. Similarly, metabolically healthy obesity, when defined as zero or one risk factor, is also associated with increased mortality risk (HR = 1.15, 1.01–1.32) as compared to lean healthy individuals. Obesity in the absence of metabolic abnormalities may not be associated with higher risk for all‐cause mortality compared to lean healthy individuals. Conversely, elevation of even a single metabolic risk factor is associated with increased mortality risk.

原文:Wiley Online Library; doi.org/10.1111/cob.12263

今回の研究のグループは、肥満の人は本当に死亡のリスクが高いのかを調べるために、過去の5つのコホート研究データ(合計54089人で約13年前後の追跡研究で4864人の死亡)を解析したものです。

結果的には、その他の疾患のないただの肥満の人に死亡リスクの上昇は確認されていませんでした。

しかし、本論文のResultsでも述べられていましたが、何も危険因子がない人(コントロール群)及びただの肥満の人達は、死亡率が有意に低いという結果が得られましたが、グループ内の患者の年齢も低い傾向にありました。

つまり、本研究でまとめた結果は、ただの肥満である人は、その他の疾患と合併している患者と比べて年齢が若い傾向にありました。

これはいくつかのコホート研究をまとめているのでしょうがないですね。

しかし、それ込みでも複数の代謝性疾患を合併することが死亡率が上昇させてしまうのは揺るがない事実のようです。

 

また、今回の5つの研究をまとめたところ、約45000人の肥満患者を集めて追跡研究を行ったところ、そのうちの約650人程度しか最終的にその他の疾病をもたないただの肥満ではなかったと記されています。

この結果から、肥満をもつ約99%の人は、その他の合併症を併発する(している)可能性があり、死亡リスクが上昇してしまうということです。

 

なるべく肥満にならないに越したことはなさそうですね。運動、食生活、いずれも大事。