『生体膜透過』のゴロ・覚え方

無断転載は禁止しております!

能動輸送の特徴

プロトン勾配により膜通過する薬物

  • Hなカップル、セーフな不倫

H→プロトン

カップル→カプトプリル

セーフ→セフェム系

→ペニシリン

 

P-糖タンパク質の基質となる薬物

  • 覆面あっかんべぇ~

覆→副腎皮質ステロイド性薬

面→免疫抑制薬

あっ→抗悪性腫瘍薬

かん→Ca(カルシウム)拮抗薬

べぇ〜→β遮断薬

解説
p-糖タンパク質は、小腸上皮細胞の刷子縁膜側などに発現し、薬物を細胞外に排出する一次性能動輸送担体。

 

  • べっぴんの下敷きに

べっ→ベラパミル

ぴん→ニフェジピン

下→シクロスポリン, タクロリムス

敷→ジゴキシン

きに→キニジン

 

  • ピンクの瓶を持ったベジータがプロのタクシーで地獄に来た!

ピンク→ビンクリスチン

瓶→ビンブラスチン

ベ→ベラパミル

ジー→ジルチアゼム

プロ→メトプロロール

タク→タクロリムス

シー→シクロスポリン


スポンサーリンク

Twitterには更新情報も載せているので要チェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です