【潰瘍性大腸炎治療薬, クローン病治療薬】のゴロ・覚え方

潰瘍性大腸炎治療薬, クローン病治療薬

  • クローンのサラちゃんめっさ(めっちゃ)いい人のフリ

クローン→クローン病

サラちゃん→サラゾスルファピリジン

めっさ→メサラジン

いい人のフリ→インフリキシマブ

作用機序
  • サラゾスルファピリジン
    スルファピリジン(SP)と5-アミノサリチル酸(5-ASA)のアゾ化合物へ, 大腸の腸内細菌による還元によって各々に分解される
    →潰瘍性大腸炎, 関節リウマチ
  • メサラジン
    5-アミノサリチル酸(5-ASA)の徐放性製剤
    →潰瘍性大腸炎, クローン病
  • インフリキシマブ
    遺伝子組み換え抗ヒト TNF-αモノクローナル抗体
    →クローン病の治療及び維持療法(既存治療で効果不十分な場合に限る):中等度から重症の活動期にある患者
    →潰瘍性大腸炎, 関節リウマチ
MEMO
【抗ヒト TNF-αモノクローナル抗体とは…】

TNF-α:Tumor Necrosis Factor(腫瘍壊死因子)
モノクローナル抗体:選択性の高い抗体

関節リウマチの関節内では炎症性サイトカインであるTNF-αが多く産生され, 炎症や骨破壊をきたす.
そのため, 内因性TNF-αの活性を低下させることで抗リウマチ作用を示す薬が使用される.


スポンサーリンク

Twitterには更新情報も載せているので要チェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です