『院内製剤』のゴロ・覚え方

無断転載は禁止しております!

消毒薬の種類と特徴

消毒薬の分類

消毒薬は, 米国疾病予防センターのガイドラインから①低水準消毒薬, ②中水準消毒薬, ③高水準消毒薬に分類されています。

消毒薬

結核菌に対して使用できないものは→低水準

結核菌に対して使用でき, 芽胞形成菌に使用できないものは→中水準

結核菌に対して使用でき, 芽胞形成菌に使用できるものは→高水準

 

分類例

例)
低水準:クロルヘキシジン, ベンザルコニウムなど

中水準:ピピドンヨード, 消毒用エタノールなど

高水準:グルタラール

例外)
次亜塩素酸Na→中水準ながらもウイルス(一般ウイルス, HBV・HCV, HIVに対応)

 

使用用途

手指+粘膜 金属
使える ポピドンヨードなど グルタラールなど
使えない グルタラール(強力すぎる※) ヨード, 次亜塩素酸Na

※防護服で散布

 

金属に使用できない消毒薬

  • 幼児に金属ダメ

幼→ヨード

児→次亜塩素酸Na

金属ダメ→腐食作用

 

消毒用エタノール濃度

  • なぁムック はいよぉー!

なぁムック→76.9%

はいよぉー→81.4%


スポンサーリンク

Twitterには更新情報も載せているので要チェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です