『てんかん発作の分類』の解説

てんかんとは…

まず, 「てんかん診療ガイドライン」から定義を抜粋しますと….

慢性の脳の病気で,大脳の神経細胞が過剰に興奮するために,脳の発作性の症状が反復性に起こる.発作は突然に起こり,普通とは異なる身体症状や意識,運動および感覚の変化などが生じる.

ポイント
  • 24時間以上の間隔で2回以上の非誘発性(または反射性)発作が生じる
  • 1回の非誘発性(または反射性)発作が生じ,その後10年間にわたる発作再発率が2回の非誘発性発作後の一般的な再発リスク(60%以上)と同程度である
  • てんかん症候群と診断されている

出典「てんかん診療ガイドライン2018」

というふうに説明されています.

つまり『脳が電気的に異常興奮することによって, 意識・身体に何らかの変化が起きる』ということです.

てんかん発作の分類

一概に『てんかん』といっても様々な発作があります.
どういったものがあるか見てみましょう.

てんかん発作の分類は, 下図のような全体図になっています.

てんかん発作の分類
図1:てんかん発作の分類図

てんかん発作は大きく分けて『焦点発作』『全般発作』のふたつのタイプに分かれています.

脳の一部分が興奮することによって引き起こされるのが『焦点発作』,
脳全体が興奮することによって引き起こされるのが『全般発作』といいます.

分類 興奮部位 意識障害
焦点発作 一部分 なし→単純部分発作

あり→複雑部分発作

全般発作 全体 あり(ほとんど)

焦点発作の中でも意識障害を伴うものを『複雑部分発作』といい, 意識障害を伴わないものを『単純部分発作』といいます.

それでは, これらの発作はどういった症状を呈するのでしょうか?
次は, 各発作の特徴を示していきます.

焦点発作

※『症状を見る』をタッチすると, それぞれの発作に対応した動画を見ることできます.

単純部分発作

本人には意識があり, 発作の始まりから終わりまで, 症状をすべて覚えている.

  • 運動機能の障害(手足や顔がつっぱる, ねじれる, ガクガクとけいれんする, 体全体が片方に引かれる, 回転する等)
  • 視覚や聴覚の異常(輝く点や光が見える, ピカピカする, 音が響く, 耳が聞こえにくい, カンカンと音が聞こえる等)
  • 自律神経の異常(頭痛や吐き気を催す等)

 

複雑部分発作

徐々に意識がなくなっていくため, 本人に記憶障害が残る.

  • 急に動作を止め, 顔をボーっとさせるといった発作(意識減損発作)
  • 辺りをフラフラと歩き回ったり, 手をたたく, 口をモグモグさせる

全般発作

欠神発作

数十秒間にわたり意識がなくなる発作(けいれんを起こしたり, 倒れたりはしない

  • 話をしたり, 何かをしているときに, 突然意識がなくなる(急に話が途切れたり動作が止まったりする)

強直間代発作

突然発症して, 強直発作と間代発作を起こす.
発作後は, 30分〜1時間くらいの眠り(終末睡眠)に移行することがある.

【強直発作】
突然意識を失い, 眼球が上を向き, 口を固く食いしばり, 呼吸が止まり, 手足を伸ばした格好で全身を硬直させる(数秒〜数十秒間).


 

【間代発作】
前触れもなく突然, 膝などを折り曲げる格好をとり, 手足をガクンガクンと一定のリズムで, けいれんが起こる.


ミオクロニー発作

全身もしくは手足などの一部分がピクッとした筋収縮が起こる発作.

  • 転倒したり, 持っている物を投げ飛ばしてしまうといった事もある. 光によって誘発されることもあり, 寝起きや寝入りに起こりやすい傾向にある.

脱力発作

突然意識を失い, 瞬間的に力が抜けてしまう発作(ミオクロニー発作とは).
発作自体はとても短いため, 本人にも何が起こったか理解できないことも多い.

  • 脱力時に前方に倒れるためひどい怪我をすることがある
  • 幼児期に多い

重積発作

てんかん発作が悪化した状態.
発作がある程度(5〜10分以上)続くため, 生命に危険が及ぶ可能性がある.

まとめ

焦点発作
単純部分発作 発作の始まりから終わりまで, 症状をすべて覚えている
複雑部分発作 意識が徐々に遠のいていき, 周囲の状況がわからなくなるような意識障害
全般発作
欠神発作 数十秒間にわたり意識がなくなる発作で何かをしているときに, 突然意識がなくなるので, 急に話が途切れたり動作が止まったりする
強直間代発作 口を固く食いしばり, 呼吸が止まり, 手足を伸ばした格好で全身を硬くする強直発作と手足をガクガクとけいれんする間代発作を起こす
ミオクロニー発作 全身あるいは手足など, どこか一部分の筋肉が一瞬ピクッと収縮する
脱力発作 手足や体軸の筋の緊張が瞬間的に消失し, 力が抜けてしまう発作
参考 『中枢神経疾患治療薬』のゴロまとめ

スポンサーリンク

Twitterには更新情報も載せているので要チェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です