【虚血性心疾患に対する硝酸薬】のゴロ・覚え方

虚血性心疾患に対する硝酸薬

  • 翔さん, 仁藤(にとう)くん, ニコニコ・イソイソ

翔さん→硝酸薬

仁藤(にとう)→ニトログリセリン

ニコニコ→ニトログリセリン

イソイソ→硝酸イソソルビド

MEMO

【硝酸薬の作用機序】

硝酸薬の作用機序

硝酸薬は, 細胞内で一酸化窒素(NO)を発生し, グアニル酸シクラーゼを活性化することによりGTPからcGMPへの産生を増大させる.

cGMPがプロテインキナーゼの産生を促進することで, 細胞膜上のCa2+チャネル閉口を引き起こし, 細胞内Ca2+濃度を減少させる.

その結果, 心筋に血液を供給する冠血管をはじめ, 動脈・静脈系の血管を弛緩させる. 静脈血管系の拡張による心臓への静脈環流量減少(前負荷の軽減)により, 心臓の仕事量が減少する.


スポンサーリンク

Twitterには更新情報も載せているので要チェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です