【カリウム保持性利尿薬】のゴロ・覚え方

カリウム保持性利尿薬

  • あるよ!スーパーエコカー

あるよ!スーパーエコカー

あるよ→アルドステロン拮抗薬

ス→スピロノラクトン

エ→エプレレノン

カ→カンレノ酸

 

  • なぁ兄ちゃんら取り合わんと, えぇスピーカーあるで!

なぁ兄ちゃん→Na+チャネル

取り合わん→トリアムテレン

えぇ→エプレレノン

スピ→スピロノラクトン

カ→カンレノ酸カリウム

ある→アルドステロン拮抗薬

 

MEMO

カリウム保持性利尿薬には, 作用機序の違いによって

  • 抗アルドステロン
  • Na+チャネル遮断薬
  • 心房性ナトリウム利尿ペプチド(ANP)

の3つに分かれる.

 

【作用機序】

抗アルドステロン薬 遠位尿細管後半部〜集合管のアルドステロン受容体に結合
→アルドステロンと競合的拮抗
→Na+ – K+交換系が抑制
→Na+とH2Oの再吸収及びK+排泄抑制
→利尿作用, 高カリウム血症
Na+チャネル遮断薬 遠位尿細管〜集合管の管腔側細胞膜のNa+チャネル遮断
→Na+ – K+交換系抑制
→利尿作用
心房性ナトリウム利尿ペプチド
(ANP)
α型ヒト心房性ナトリウム利尿ペプチド(ANP)製剤血管平滑筋のANP受容体を刺激
→膜結合型グアニル酸シクラーゼ活性化
→cGMP生成を増加
→血管拡張, 利尿作用

スポンサーリンク

Twitterには更新情報も載せているので要チェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です