【アセチルコリン受容体のサブタイプ】のゴロ・覚え方

コリン作動性シナプスの伝達機構

  • 居心地(いごこち)

アセチルコリン受容体のサブタイプ

居→胃:M1

心→心:M2

地→他:M3

MEMO

アセチルコリン受容体は, アドレナリン受容体と同様に, 分布する器官の違いによって受容体のサブタイプが異なります.
つまり, 胃に分布しているアセチルコリン受容体は, M1ということ.

 

【ムスカリン性アセチルコリン受容体のサブタイプ】

※あくまで代表的な器官のみです.
詳しくは, 参考書にて確認してください.

サブタイプ 分布器官
M1
M2 心臓
M3 その他(腸, 血管=平滑筋)

ちなみに, アセチルコリン受容体には,

  • ニコチン性アセチルコリン受容体
  • ムスカリン性アセチルコリン受容体(今回はこちらを紹介)

があり, 作用するアゴニスト・アンタゴニストが異なる.

 

『副交感神経・アセチルコリン受容体』の解説

参考 『副交感神経系に作用する薬』のゴロまとめゴロをまとめてチェックしたい人にオススメ

スポンサーリンク

Twitterには更新情報も載せているので要チェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です