【間接型アドレナリン作動薬】のゴロ・覚え方

間接型アドレナリン作動薬

  • 増えた関節痛, チラ見

増えた→アンフェタミン, メタンフェタミン

関節→間接型

チラ見→チラミン

MEMO

【チラミンの作用機序】

図1:チラミンの作用機序

  • チラミンはアミントランスポーターを介して神経終末に入り, 交感神経節後線維終末からノルアドレナリンを遊離して交感神経興奮作用を示す.
  • タキフィラキシーを起こす
  • チラミンは医薬品ではない(チーズに多く含まれている)
参考 『交感神経系に作用する薬』のゴロ一覧語呂合わせをまとめたページです。

スポンサーリンク

Twitterには更新情報も載せているので要チェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です