【オピオイド受容体】のゴロ・覚え方

オピオイド受容体

モルヒネ及びモルヒネ様作用を有する物質あるいはその拮抗薬と特異的に結合する受容体をオピオイド受容体と呼ぶ.

オピオイドサブタイプ 鎮痛作用 呼吸運動・腸管運動 縮瞳 その他
μ(ミュー) 抑制 陶酔感, 多幸感
δ(デルタ) 脊髄 抑制 感情・情動の変化
κ(カッパー) 脊髄 抑制 鎮静, 利尿

オピオイド受容体は, いくつかのサブタイプに分類されるが, モルヒネに高親和性のミュー(μ)受容体, エンケファリンに高親和性のデルタ(δ)受容体, ダイノルフィンに高親和性のカッパー(κ)受容体などがある.

MEMO

内因性オピオイド
体内で合成する(内因性)オピオイドとして,

  • エンケファリン
  • エンドルフィン
  • ダイノルフィン

がある.

 

外因性オピオイド

主に麻酔や鎮痛、疼痛緩和の目的で利用される外因性オピオイドとして,

  • モルヒネ

【モルヒネの薬理作用】のゴロ・覚え方 

【鎮咳・去痰薬】のゴロ・覚え方

 

  • コデイン

【鎮咳・去痰薬】のゴロ・覚え方

 

  • フェンタニル
  • メサドン
  • ペチジン

【合成麻薬性鎮痛薬】のゴロ・覚え方

 

  • オキシコドン
  • ヘロイン

などがある.

これらの薬品は,
オピオイド依存症や, 離脱症状, また過剰摂取による死亡の危険性がある.
そのため多くの国で規制物質となっている.


スポンサーリンク

Twitterには更新情報も載せているので要チェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です