『鎮痛薬』のゴロまとめ

オピオイド受容体

ゴロを見る
オピオイドサブタイプ 鎮痛作用 呼吸運動・腸管運動 縮瞳 その他
μ(ミュー) 抑制 陶酔感, 多幸感
δ(デルタ) 脊髄 抑制 感情・情動の変化
κ(カッパー) 脊髄 抑制 鎮静, 利尿
参考 オピオイド受容体詳しい内容はコチラ  

モルヒネの薬理作用

ゴロを見る
  • さ・し・す・せ 興奮

さ→催吐(CTZのD2受容体刺激)

し→縮瞳(動眼神経刺激)

す→ストラウブの挙尾反応(尾がS字状)

せ→脊髄

参考 モルヒネの薬理作用詳しい内容はコチラ  

合成麻薬性鎮痛薬

ゴロを見る
  • ペチャパイみさえの変態

ペチャ→ペチジン

みさえ→メサドン

 

  • ペレの笛でめっさ号泣!

ペ→ペチジン

レ→レボルファノール

笛→フェンタニル

めっさ→メサドン

号→合成麻薬

参考 合成麻薬性鎮痛薬詳しい内容はコチラ  

非麻薬性鎮痛薬

ゴロを見る
  • ぶっといペンでカッパをしばく 「ヒ~~」とトラウマに

ぶっと→部分刺激(μ受容体), ブプレノルフィン, ブトルファノール

ペン→ペンタゾシン

カッパ→κ

しばく→刺激

ヒ~~→非麻薬

トラ→トラマドール

 

Point非麻薬性鎮痛薬の特徴

  • μ受容体部分刺激(μ受容体遮断作用もつ)→麻薬と併用しない→麻薬依存患者への投与禁忌
  • 依存, 耐性ほとんどない(麻薬より弱い)

 

  • 肥満なカッパのお尻ペンペン, ケツからププッ!

肥満→非麻薬性

カッパ→κ受容体

お尻→μ受容体(形が片方のお尻に似てる?)

ペンペン→ペンタゾシン

ケツ→μ受容体

ププ→ブプレノルフィン

 

  • ヒマなカッパのペンタは太って, 豚みたい

ヒマ→非麻薬

カッパ→κ受容体

ペンタ→ペンタゾシン

太→ブトルファノール

豚→ブプレノルフィン

ブプレノルフィン→部分アゴニスト

みた→μ受容体

 

Pointペンタゾシン⇒μ受容体部分刺激, κ受容体完全刺激ブプレノルフィン⇒μ受容体部分刺激
参考 非麻薬性鎮痛薬詳しい内容はコチラ

スポンサーリンク

Twitterには更新情報も載せているので要チェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です